アップルは2010年11月22日、タブレット端末「iPad」の最新OS「iOS 4.2」を公開した。アップグレードは無料。作業はパソコンにインストールした音楽再生ソフト「iTunes」を介して実施する。「iPhone」や「iPod touch」は、既に「iOS 4」にバージョンが上がっていたが、iPadだけは「iPhone OS 3.2.2」のままアップグレードされていなかった。今回のアップグレードで、iPhoneと同様、マルチタスクに対応するほか、フォルダー、メールの複数アカウント管理、スレッド表示などをサポートした。新機能として、「AirPlay」「AirPrint」の2つを追加。同社の有料クラウドサービス「Mobile Me」の一機能として提供してきた「Find My iPad(iPhoneを探す)」も無償で提供する。

 ほかにも多くの新機能があり、iPadユーザーや購入を検討している人は、どこが変わったのか気になるだろう。主な新機能を紹介しよう。なお、iOS 4.2はiPhone、iPod touch向けにも提供される。

2つのワイヤレス機能を追加

 iOS 4.2の目玉機能は、2つのワイヤレス機能だ。AirPlayは、iPadの中の写真やムービーを無線LANと「Apple TV」を使って、大画面テレビで見られる機能だ。ストリーミングでApple TVにデータを送る。AppleTVの付属リモコンでも操作できるので、手元にiPadを置いておく必要はない。

 AirPlayの優れた所は、ムービーを再生中でもSafariを開いて調べ物をしたり、メールをしたりできるところだ。ムービー再生中に何もできなくなることはない。「iTunes Store」のレンタルサービスで借りた映画をAirPlayで見ることもできる。

 もう1つのAirPrintは、ワイヤレスで「Pages」や「Keynote」を印刷できる機能だ。Webページなども印刷できる。純正アプリの「Numbers」は、印刷するエリアを調整可能。表やグラフを1枚に収めて印刷できる。AirPrintに対応するプリンターは日本ヒューレット・パッカードの「HP Photosmart Premium C310c」など。

AirPlayでiPadの中の写真を大画面テレビに表示。音付きのスライドショーもできる。AirPlayで表示できるのは、写真、ムービー、YouTube、一部のアプリ(画像クリックで拡大)

iTunes Storeでレンタルした映画もAirPlayで鑑賞できる。Airplay中でもWebページを見たり、別アプリを立ち上げたりできる(画像クリックで拡大)

AirPrintでの印刷は、アプリのツール機能に割り当てられている。印刷のステータスは「Print Center」で確認できる(画像クリックで拡大)

表計算アプリの「Numbers」は、どこまでのデータを1枚に収めるかを調整できる(画像クリックで拡大)