日本ミシュランタイヤは10月19日、「ミシュランガイド京都・大阪・神戸2011」の記者発表会を兵庫県公館で行い、掲載店を発表した。レストラン239軒、ホテル42軒、旅館31軒が掲載され、うち、12軒のレストランが三つ星として登場した。

 関西地区を対象にしたミシュランガイドは今回で2回目。2010年度版は京都と大阪に限定されたが、2011年度版は神戸までエリアが拡大された。神戸のレストラン・星付き旅館は合計50軒。神戸市内だけでなく、芦屋や西宮のレストランも対象となったようだ。神戸まで拡大した経緯について、同社のベルナール・デルマス社長は「最初から3都市を対象にするのは現実問題として難しかった。しかし、多くの方から要望されたので、掲載を約束し、今回実現した」と語った。

日本ミシュランタイヤ社長のベルナール・デルマス氏(左)とミシュランガイド総責任者のジャン=リュック・ナレ氏(右)。中央はおなじみのキャラクター、ミシュランマン(画像クリックで拡大)

1人5000円以下で食事ができる店には「コイン」マーク

 今回は新しいシンボルマークとカテゴリーも追加されている。2011年度版では、調査ポイントとして価格も重視。1人当たり5000円以下で食事ができるレストランに対しては、コインをかたどったマークが採用された。該当するレストランは40軒。なかには「菊乃井本店」(京都)、「カ・セント」(神戸)など三つ星、二つ星がついたレストランも複数入っている。

 「星付きレストランは価格が高いというイメージがある。しかし、他の国では三つ星レストランといっても価格が高い店ばかりではない。とくに日本では、星付きの店だけを掲載すると決めているので、手ごろな価格でランチやディナーを楽しめるレストランに新しいマークをつけた。今後、他地域のガイドにも採用していきたい」と、ミシュランガイド総責任者のジャン=リュック・ナレ氏は語る。

 新しく追加されたカテゴリーは、おばんざい、鳥料理、ゆば料理店の3つで、京都の4店舗を掲載。掲載された全レストランのうち6割近くが日本料理で、そば、寿司、天ぷらなども含めると8割超に及んでいるのも関西版の特徴だ。