Googleが中心となって開発された、モバイルデバイス向けプラットフォームのAndroid。最近ではこれを搭載したNTTドコモの「Xperia」がヒットしたほか、auやソフトバンクモバイルがAndroid搭載スマートフォンを投入するなど、その注目度は日増しに高まってきている。

 AndroidもiPhone同様、新しいゲームのプラットフォームとして注目されている。そこで今回の東京ゲームショウでは、これを専門に扱う「Android」コーナーを、「iPhone&iPad」コーナーの隣に設置。Android向けのゲームを楽しめるようになっている。

 既に市場が立ち上がり、多くのゲームメーカーが参入しているiPhoneと異なり、Android向けのゲーム市場はまだこれからという段階。そのためメジャータイトルは多くなく、どのゲームが面白いのか判断しにくい状況だ。そこでこのコーナーでは、「アンドロイダー」「andronavi」といった、Androidアプリを専門にレビューしているサービスの協力を得て、Androidで人気・注目のゲームを厳選して展示している。

 このコーナーには、専用のイベントステージもある。携帯電話事業者やメーカー、そしてAndroidアプリケーション開発者などがセミナーや講演を開催するようだ。

 Androidに興味はあるけど触れたことがない、どのようなゲームが遊べるのか知りたいという人は、「Android」コーナーに足を運んで見るといいだろう。

“Xperia”などAndroid搭載スマートフォン向けゲームを展示する「Android」コーナー。「iPhone&iPad」コーナーの隣にある(画像クリックで拡大)

「アンドロイダー」「andronavi」などAndroidアプリレビューサイトが厳選したゲームを展示(画像クリックで拡大)

大砲玉の代わりに人形を発射してターゲットを破壊するという、ユニークな内容の「Shoot U!」(画像クリックで拡大)

9月配信予定の「パズルボブル」など、おなじみの人気ゲームも用意されている(画像クリックで拡大)

(文/佐野正弘)