2010年4月のパナソニック「3D VIERAシリーズ」発売を機に、家電業界では「3D元年」となった。3D対応のテレビやBlu-ray Discレコーダー、プレーヤーが登場し、PCディスプレイやノートPCなどにも3D対応モデルが続々と発売されている。

 SCEがPlayStation3の3Dゲーム対応を実現し、米NVIDIAが「NVIDIA 3D Vision」によってPCゲームの3D対応を果たすなど、ゲーム業界でも「3D」が走り始めた。

 東京ゲームショウ2010でも、複数のブースが3Dメガネを利用した3Dゲームの試遊台を提供しているので紹介していこう。

3Dを体験したければSCEのブースに直行すべし!

 3Dゲームの試遊台を多数設置しているのがSCEのブースだ。体感コントローラー「PlayStation Move」対応タイトルとして格闘ゲーム「肉弾」(11月18日発売予定)、FPS(ファーストパーソン・シューティング)ゲーム「KILLZONE 3」(2011年発売予定)、パズルゲーム「つみきBLOQ」(2011年発売予定)、AR(拡張現実)を利用したコミュニケーションゲーム「Me&My Pet」(10月21日発売予定)、ビリヤードゲーム「ハスラーキング」(配信中)のほか、セガのテニスゲーム「Power Smash 4」(2011年発売予定)をプレイヤブル出展。レーシングゲーム「グランツーリスモ5」(11月3日発売予定)も3Dで楽しめる。

3D対応の試遊台を11台そろえるSCEのブース(画像クリックで拡大)

格闘ゲーム「肉弾」(11月18日発売予定)(画像クリックで拡大)

FPSゲーム「KILLZONE 3」(2011年発売予定)(画像クリックで拡大)

パズルゲーム「つみきBLOQ」(2011年発売予定)(画像クリックで拡大)

AR(拡張現実)を利用したコミュニケーションゲーム「Me&My Pet」(10月21日発売予定)(画像クリックで拡大)

ビリヤードゲーム「ハスラーキング」(配信中)(画像クリックで拡大)

セガの3D対応テニスゲーム「Power Smash 4」(2011年発売予定)もSCEのブースで試遊できる(セガのブースでは試遊できないので注意!)(画像クリックで拡大)

レーシングゲーム「グランツーリスモ5」(11月3日発売予定)も3Dで楽しめる(画像クリックで拡大)

3Dゲームを楽しみたければ、まずはSCEブースへ!(画像クリックで拡大)