アイドルも夏フェスを開催

 さらに、今年の音楽界を象徴するように、アイドリング!!!、ももいろクローバー、東京女子流などブレイクを狙うアイドルが全国から集結した「東京アイドルフェスティバル」が初めて開催された。プロデューサーを務めたのはアイドリング!!!を手がけるフジテレビの門澤清太氏。「5月ごろに品川ステラボールから8月7、8日が空いているのでアイドリング!!!でライブをやりませんか? という話が来た。そこで以前からやりたかった夏フェスをと考えました」。ツテをたどり交渉を始めると、当初は30組ほどを想定していた出演者が最終的には45組になった。

 品川ステラボールだけでなく、周辺のホテルやよしもとプリンスシアターにも会場を確保し、ライブステージ、握手会、公開撮影などを同時多発的に開催。「準備・告知期間が短かったこともあり、チケットは完売にはならなかったが、前夜祭を含めた3日間の動員は延べ5000人と目標に届いた」(門澤氏・以下同)。今後に関しては、「アイドルはアーティストと違って、1年後の状況が想像しにくいが、続けていきたいという意思は強い」と語る。

 ほかにも、出演は4組だが、8月末にSKE48などが出る「アイドルユニットサマーフェスティバル」が開催。近年はアニソンフェスも人気だ。以前からある、テクノやレゲエと合わせ、特化型フェスも定着しつつあるようだ。

「東京アイドルフェスティバル2010」は、8月7、8日に、品川ステラボールを中心に開催。開幕前日の6日には前夜祭ライブも実施した(画像クリックで拡大)

(文/日経エンタテインメント!編集部)

日経エンタテインメント! 10月号が発売中!

メイン特集は「急上昇ガールズ100人」

■2010年9月4日発売
■特別定価 530円

 10月号の表紙は韓国でトップ級の人気と実績を持ち、いよいよ日本進出を図るガールズ9人組の少女時代。日本のメディアとしては初のインタビュー&雑誌表紙です。彼女たちを送り出すのは、BoAや東方神起を日本で成功させた韓国最大の芸能プロダクションS.M.エンタテインメント。そのアーティスト育成のノウハウと日本での経験を生かして、少女時代を日本でもトップ級の人気に押し上げようと様々な戦略を練っているようです。

 時を同じくして、韓国から、KARAや4Minute、ブラウン・アイド・ガールズら、本国でも人気が高いガールズグループが相次いで日本上陸。その大きなうねりのなかで、少女時代が日本でどのように受け止められるのか、韓国のメディアも注目しています。

 そして、メイン特集は「急上昇ガールズ100人」。韓国のガールズだけでなく、国内でも音楽ジャンルではAKB48、俳優では北川景子ら、新しい顔がこの1年で急成長しています。今、どんなガールズが支持されているのか。データと取材から明らかにしました。

 詳しくはこちら。購入はこちら