(画像クリックで拡大)

 ヤマハ発動機は2010年7月14日、“スマート・ミニマム コミューター”をコンセプトとする電動バイク「EC-03(イーシー・ゼロ・スリー)」を発表した。車両本体価格は25万2000円で、9月1日から首都圏で、10月1日から全国で発売。発売に先立ち、7月15日から首都圏、9月15日から全国の「EC-03」取扱店で予約の受付を開始する。

 ヤマハは02年11月に、同社初の市販電動スクーター「パッソル」を発売。その後も05年に「EC-02」「パッソル-L」を発売し、国内の電動スクーター市場をリードしてきた。だが、バッテリーの不良によるリコールやコスト増加などの理由で、07年9月に販売を中止していた。

 EC-03は、約3年ぶりの再参入になる。ヤマハの柳 弘之社長は、「先代モデルは市場で高い注目を集められず、事業として採算が立たなかったため販売を中止した。現在はCO2削減問題などの要因で、機が熟してきたため、再投入した。販売停止中も開発は続けていたため、実質的なブランクは1年弱だ」と語る。

 販売の追い風として、政府や地方自治体による補助金もある。まず全国で受けられるのが、政府の「電気自動車等導入補助事業による補助金制度」による、2万円の購入補助金だ。横浜市のように、電気自動車(EV)に独自の補助金制度を設けている地方自治体もあり、ガソリンスクーターと比べた実質価格差の低下を期待できる。

(画像クリックで拡大)

 EC-03は、普通自動車運転免許でも乗れる原付1種(50cc以下相当)の電動スクーターだ。バッテリーは、電動アシスト自転車「PAS(パス)」で実績がある、三洋電機製の高エネルギー密度50Vの新リチウムイオンバッテリーを採用した。

 一充電当たりの航続距離は43km(30km/h定地走行時)で、都市部での近距離移動に適した機能と走行性能を備えている。使用状況にもよるが、一般的な使い方で一充電当たり25km走れる。