ついに日本でもiPadが発売開始に! ソフトバンクショップ表参道では、孫社長を交えての発売記念イベントが開催された(画像クリックで拡大)

 iPadの販売が始まった2010年5月28日、ソフトバンクショップ表参道店では発売記念イベントが開催された。iPhoneの発売開始時にも同様のイベントを実施した旗艦店で、ソフトバンクの孫 正義社長も店頭に登場して発売を祝った。

 孫社長は「iPadは本当に素晴らしい端末。私もスケジュール管理や写真の表示を楽しんでいるが、毎日の生活が便利に変わる。見た目や操作はiPhoneと同じで違和感なく使えるのに、得られる感動が大きいのが不思議」とiPadを高く評価した。

 販売開始時の行列は300人ほどで、JR原宿駅近くの歩道橋近くまで購入待ちの列ができていた。先頭に並んだ男性は、前日の夕方前後から並び始めたとのこと。購入したiPadをタレントの藤井リナさんから手渡され、「iPad用のアプリケーションをたくさんインストールして楽しみたい」と語った。

発売開始となる午前8時前、ソフトバンクショップ表参道の前には多数の購入希望者と報道陣でごった返した。カウントダウンとともに店頭を覆っていた幕が下ろされ、お店はiPad一色に染まった(画像クリックで拡大)

 ソフトバンク表参道は、5月28日~30日の3日間はiPadの販売に限定し、一般の携帯電話などの販売は見合わせるとのことだ。ソフトバンクモバイルの広報担当者によると、iPadは予約なし販売分も含めて十分な台数を確保したとのことだが、希望者が殺到した場合には売り切れる可能性もあるとした。契約や購入の受付カウンターは60席を用意しているが、3Gモデルは契約や通信回線の開通に最低でも30分程度はかかるとのこと。

 店内には、タッチ&トライが可能なiPadが20台近く展示されており、来店者が自由に触れるようになっている。ケースやドック、キーボードなどの純正アクセサリーも豊富に用意されていた。

昨日の夕方から並んだという先頭の男性を筆頭に、購入希望者が店内へと導かれていった。60ある店内のカウンターは、すべてiPad販売用として使われるという。だが、契約を終えて持って帰るまでに最低30分はかかるとのこと(画像クリックで拡大)

店内には、実際に触って試せるiPadが多数用意されていた。iPad用のアップル純正アクセサリーも豊富に並んでおり、今ならば特定のアクセサリーが品切れになることもなく入手できそうだ(画像クリックで拡大)

並んだ人数は公式には発表されなかったが、およそ300人前後とみられる。行列を見て列に並ぶ人の姿も散見され、今日いっぱいは相当混雑しそうだ。ソフトバンクショップ表参道では、日曜日までの3日間iPadの販売に限定して対処するという(画像クリックで拡大)

(文/磯 修=日経トレンディネット)