NECは2010年5月27日、3D対応のデスクトップパソコン「VALUESTAR N VN790/BS」を6月下旬に発売すると発表した。付属の眼鏡をかけると「Blu-ray 3D」などの3Dコンテンツを立体視できる。予想実売価格は22万円前後の見込み。

NECが6月下旬に投入する3D対応のデスクトップパソコン「VALUESTAR N VN790/BS」。価格は22万円前後の見込み(画像クリックで拡大)

 3D対応の一体型デスクトップとしては国内大手メーカー初。3D対応のノートパソコンは今年4月にアスーステック・コンピューターが国内市場に投入しており、薄型テレビと同様、盛り上がりをみせつつある。パソコンの夏商戦は3D対応がトレンドになるかもしれない。

 既存の「VALUESTAR N」をベースに、液晶画面に偏光板フィルターを施した偏光板方式を採用する。偏光板方式は、右眼用と左眼用の画像を同一画面上に重ねて表示し、偏光板フィルターを施した専用眼鏡を使って、左右の映像を分離して認識させる仕組みだ。年内に発売される予定の3D対応のBlu-ray 3Dや、富士フイルムの3D対応のデジタルカメラ「FinePix REAL 3D W1」で撮影した写真を臨場感のある立体表示で見られる。

 3Dの方式にはいくつかの種類があり、アスーステック・コンピューターの「G51Jx 3D」は、左眼用と右眼用の映像を交互に高速再生し、専用眼鏡の左右のレンズが映像と同期して高速開閉する3Dメガネを使うアクティブシャッター方式を用いる。どちらもBlu-ray 3Dや3D対応のデジカメで撮影した写真などを立体視できる。違いはインターネット上の3D動画とPCゲームの対応状況だ。大手動画共有サイト「YouTube」には、偏光板方式の3D動画がアップロードされているが、アクティブシャッター方式の動画はない。一方、3Dゲームはアクティブシャッター方式でしか立体視でプレイできない。方式ごとに見られるコンテンツが異なるのが3Dパソコンの課題だ。

大手動画共有サイト「YouTube」には偏光板方式で見られる3D動画がアップロードされている(画像クリックで拡大)

各社の3D対応パソコン、薄型テレビで見られるコンテンツが異なる。資料はNEC調べ(画像クリックで拡大)