ソニーのコンパクトデジカメ「Cyber-shot」の新製品が登場! 基本性能の向上を図っただけでなく、新しいワイヤレス通信規格「TransferJet」に対応したのがポイントだ(画像クリックで拡大)

 ソニーは2010年1月18日、コンパクトデジカメ「Cyber-shot」の新製品として、高倍率ズームモデル「DSC-HX5V」と薄型モデル「DSC-TX7」を発表した。両機種とも、高感度撮影時の画質に優れる裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R」と、フルHD画質(1920×1080ドット/60i/17Mbps)の動画撮影機能を搭載したのが特徴。小型・軽量のメリットを訴求して、ハイビジョン対応ビデオカメラとの差異化を図る。

 実売価格は、DSC-HX5VとDSC-TX7ともに4万5000円前後。発売はDSC-HX5Vが3月5日、DSC-TX7が2月5日。

 注目されているのが、ソニーが開発した無線データ通信規格「TransferJet」を初めて搭載したこと。対応メモリースティックと対応クレードル(いずれも別売)を使うと、パソコンにワイヤレスで写真や動画のデータを転送できる。いち早く試作機で検証した。

光学10倍ズームレンズを搭載した薄型高倍率ズーム機「DSC-HX5V」。ハイビジョンビデオカメラに匹敵するフルHD対応の動画撮影機能を搭載するのが特徴だ(画像クリックで拡大)

光学10倍ズームレンズを搭載する割に、本体はとてもスリム。側面の表記から分かる通り、位置情報を記録できるGPS機能も搭載する(画像クリックで拡大)

電池カバー部に描かれた白いロゴマークがTransferJetに対応していることを表す。TransferJet機能は本体に内蔵しておらず、別途対応メモリースティックを挿入する必要がある(画像クリックで拡大)

本体カラーはブラック(左)とゴールド(右)の2色。デザインに奇抜さはなく、性別や年齢を問わずマッチしそうだ(画像クリックで拡大)

リコーの「CX2」(右)と比較。本体はCX2の方が若干大きく重いが、全体的なスタイルはよく似ている。CX2は高精細液晶や優れたカスタマイズ性、DSC-HX5Vはハイビジョン動画撮影やスイングパノラマなど、それぞれ独自の特徴を持つ(画像クリックで拡大)

屈曲光学系レンズユニットを搭載した「DSC-TX7」。薄型ボディー+大型レンズバリアですっきりと仕上げたデザインや、タッチパネル液晶の採用でボタンを最小限にした点は従来と同じ。新たにフルHD動画撮影とTransferJetに対応した(画像クリックで拡大)