092 スパイウエア対策ソフトを手動で実行する

 スパイウエア対策ソフトの「Windows Defender」は、コントロールパネルですべての項目を表示させ、「Windows Defender」をクリックすると起動できる。初期状態では定期的に自動実行されるが、自動実行の時刻を変更したり、手動で実行したりできる。

コントロールパネルの表示方法を「大きいアイコン」や「小さいアイコン」に切り替え、「Windows Defender」をクリックする(画像クリックで拡大)

「スキャン」をクリックする(画像クリックで拡大)

「ツール」をクリックして設定画面を開く。「オプション」をクリックする(画像クリックで拡大)

スケジュールを設定して「保存」をクリックする(画像クリックで拡大)