068 パソコン本体の電源ボタンを押したときの動作を設定する

 パソコン本体に付いている電源ボタンを押したときに、シャットダウンするかスリープするかはユーザーが設定できる。スリープ状態に設定するとVistaの電源ボタンと同じ働きをするようになり、低い電力でパソコンの状態を保持したままディスプレイなどをオフにした状態に移行する。

 コントロールパネルで「システムとセキュリティ」→「電源オプション」→「電源ボタンの動作を選択する」を選ぶ。「電源ボタンを押したときの動作」で「シャットダウン」「休止状態」「スリープ状態」「何もしない」の中から選ぶ。

スタートメニューからコントロールパネルを開き、「システムとセキュリティ」をクリックする(画像クリックで拡大)

「電源オプション」をクリックする(画像クリックで拡大)

左側の「電源ボタンの動作を選択する」をクリックする(画像クリックで拡大)

「電源ボタンを押したときの動作」のプルダウンメニューの中から動作を選ぶ(画像クリックで拡大)