ソニーは64ビット版を積極採用、選択可能なメーカーも

 各メーカーのWindows 7パソコンを見てみると、32ビット版と64ビット版が混在しており、なかなかややこしい状況だ。

 ソニーは64ビットに最も熱心なメーカーの一つだ。Windows Vistaのときからメーンの製品のほとんどに64ビット版を採用しており、Windows 7でも引き続き64ビット版を積極的に採用している。CPUに64ビットに対応していないAtomを搭載した「VAIO Xシリーズ」「同 Pシリーズ」「同 Wシリーズ」は32ビット版を採用する。そのほかのWindows 7搭載パソコンはすべて64ビット版を採用している。

 富士通は基本的に32ビット版を採用しているが、一部モデルには64ビット版のリカバリーディスクが付属する。しばらく32ビット版を使用して、64ビット版対応の周辺機器が増えてきたら64ビット版に切り替える、といった使い方ができる。ただ、リカバリーすると作成したデータは消えてしまうためバックアップを忘れないようにしよう。

 東芝は、32ビット版と64ビット版の両方をインストールし、最初に起動するときにどちらかを選ぶ「セレクタブル方式」を一部の製品に採用している。リカバリーすれば32ビット版と64ビット版を切り替えられる。富士通と同じく、当面は32ビット版を使用して、64ビット版対応の周辺機器が増えてきたらリカバリーして64ビット版に変更可能だ。セレクタブル方式を採用するのはテレビノート「Qosmio G60」、A4ノートの「dynabook TX」、低価格TVノートの「dynabook TV」、ゲーミングノートの「dynabook Qosmio GX」の4シリーズ。

 NECの店頭販売モデルはすべて32ビット版を採用している。64ビット版の採用には一番消極的だ。

 デルはAtomを搭載したミニノート以外のWindows 7パソコンは64ビット版を採用している。BTOで32ビット版か64ビット版を選べるモデルもラインアップする。日本ヒューレット・パッカードは、デスクトップで64ビット版を積極的に採用している。注文時に32ビット版と選択できるようになっているものもあるので、互換性を気にする人は購入時に32ビット版を選ぶとよいだろう。ノートパソコンは32ビット版が中心だ。

(文/湯浅英夫)