ソニーは2009年10月8日、パソコン「VAIO」シリーズの秋冬商戦向けモデルをWindows 7の発売日と同じ10月22日に発売すると発表した。目玉は厚み13.9mmの超薄型モバイルノート「VAIO Xシリーズ」とタッチパネル液晶を備えた一体型デスクトップ「VAIO Lシリーズ」。全機種、OSにはWindows 7を搭載。Windows Vistaと同様、CPUにAtomを搭載した機種を除き64ビット版を採用した。

厚み13.9mmの超薄型モバイルノート「VAIO Xシリーズ」。オプションの「Xバッテリー」を装着時のバッテリー駆動時間は驚異の約20.5時間。重さは約1065gとなる(画像クリックで拡大)

VAIOで初めて光学式タッチパネル液晶を備えた「VAIO Lシリーズ」(画像クリックで拡大)

 VAIO Xシリーズは、今年9月にドイツのベルリンで開催されたIFA2009や千葉県幕張で開催中のCEATEC2009などで既に公開されている。同社のWebサイトでも発売を予告していたため、早くから存在を知られていた。一番の特徴は薄さと軽さだ。厚み13.9mmは紙のノート1冊分しかない。重さは655g(最軽量構成時)。10型以上のノートPCとして世界最軽量だ(同社調べ)。CPUに低消費電力のAtom Z540を採用し、バッテリー駆動時間が約10時間と長いのも特徴だ。オプションの「Xバッテリー」装着時は約20.5時間以上バッテリーが持つ。

 ネットブックの大ヒットや低価格モバイルノートの登場でモバイルノートの存在感が薄れつつある中、同社は薄さ、軽さ、バッテリー駆動時間の3点に力を入れてライバル機種と差異化してきた。予想実売価格は11万円前後。

 VAIO Lシリーズは、VAIOで初めて光学式タッチパネルを搭載した。Windows 7のマルチタッチテクノロジーを活用して、手書き文字の入力やAVソフトのタッチ操作ができる。2本指までの操作が可能で、簡単な対戦ゲームなどもプリインストールされている。

 新ソフト「Media Gallery」を搭載。VAIO Lシリーズ向けにタッチ操作できるように、シンプルで分かりやすいユーザーインターフェースを持つ統合メディアプレーヤーだ。音楽、写真、ビデオをタッチ操作で再生できる。音楽やビデオは、再生履歴やコンテンツのメタデータからユーザーの嗜好を分析して、インターネット上のコンテンツを推薦する機能を持つ。

 テレビ視聴・録画ソフトの「Giga Pocket Digital」は、同社の携帯音楽プレーヤー「ウォークマン」や携帯用ゲーム機「PSP go」に録画番組を書き出せるようになった。レジューム再生の情報も書き出すので、VAIO上で見ていた番組をウォークマンで途中から再生できる。チャプター編集ができるほか、選択した部分だけ書き出すカット編集にも新たに対応した。

タッチ操作をサポートする統合メディアプレーヤー「Media Gallery」。壁紙としても利用できる(画像クリックで拡大)

 なお、秋冬モデルから製品名の「type」がなくなり、VAIO Xシリーズ、VAIO Lシリーズというように呼称が変わった。