今年の夏休み、東京お台場を賑わせた実物大ガンダム。だが、9月初旬に撤去された後、一体どこへ行ったのか気になっていた人も多いだろう。なんと、東京ゲームショウのバンダイナムコブースで復活していたのだ。

夏休みの間、お台場に設置されていた1/1ガンダム。撤去された後の展示場所に興味を持っていた人も多いだろう(画像クリックで拡大)

 実際には頭部のみの復活となるものの、お台場では高すぎてじっくり見られなかった頭部。一度お台場ガンダムを見た人も、残念ながらお台場ガンダムを見られなかった人にとっても、これはガンダムの頭部を近くでじっくり見られる千載一遇のチャンスといえるだろう。

 なお、この実物大ガンダム。お台場での展示と同じく首が上下左右に動くのだが、いつ見に行っても動いているわけではない。ガンダムの頭部が動くのは1時間に2回となっており、00分と30分にのみ動作するのだ。もし見に行くならこの時間帯を狙ってブースを訪れたほうがいいだろう。

 また、実物大ガンダムの前には「ガンダム vs. ガンダム NEXT PLUS」の試遊台に並ぶための策が立てられており、ここに並べばガンダム頭部により近づくことも可能だ。

1/1お台場ガンダムはTGSで復活していた!(画像クリックで拡大)

演出時間になるとライティングが変わり、まずは首を左右に動かす(画像クリックで拡大)

そして空を見上げる(画像クリックで拡大)

完全消灯したガンダムもまたカッコいい(画像クリックで拡大)

(文/島 徹)