【結論】
「2~3台目の買い増し」に最適なのは

 今回の比較評価を通じて、この2つのタッチパネル型デジカメは「2台目、3台目」に向いていると感じた。

 タッチパネル型デジカメは、現在メインで使っているデジカメの代わりに使おうとすると、ズームや撮影設定などの操作性で不満を感じることがある。それよりも、バッグから取り出して気軽に撮りたいときや、友人知人に写真を見せるときに持ち歩く用途ならば、タッチパネル型機種の長所である「デザイン性」や「写真ビューワー機能」を生かしやすい。初級ユーザーならば1台目として購入する手もあるが、ある程度カメラに慣れているユーザーは「メインのデジカメとは性格の違う2台目」として買うのが、現状では望ましいのではないか。

 今回の評価では、デザイン性や高感度撮影ではソニーTX1、写真ビューワー機能やタッチ操作ではニコンS70に軍配が上がった。ライバル機ではあるが、得意分野はそれぞれ異なり、決定的な差も付いていない。

 ただし4万3000円前後というデジカメとしては高価格帯であることや、メイン機種とは違う「2台目ニーズ」という視点で考えると、デザイン性やコンパクトさで優れているほうが買いやすい。その点で、今回はソニーTX1に軍配が上がるだろう。

 発売中の日経トレンディ10月号では、タッチパネル型デジカメだけでなく、各社の主力デジカメや最新のビデオカメラ、BDレコーダー、PNDなど、AV家電35機種をテスト。どの機種が“買い”なのか、各機種の実力を徹底評価している。

サイバーショット
DSC-TX1
クールピクス
S70
実売価格 4万2800円 4万2800円
サイズ 幅93.8×高さ58.2×厚さ16.5mm 幅96.5×高さ60.5×厚さ20mm
重さ
(バッテリー・
メディア含む)
約142g 約164.5g
(編集部調査)
有効画素数/
撮像素子
1020万画素/
1/2.4型CMOS
1210万画素/
1/2.3型CCD
光学ズーム倍率 4倍 5倍
広角側焦点距離
(35mm判換算)
35mm相当 28mm相当
開放F値 F3.5 F3.9
モニター 3型液晶 3.5型有機EL

(文/荒井 優=日経トレンディ)

「日経トレンディ」10月号では、
「最新AV家電35機種完全テスト」がご覧になれます!

日経トレンディ

日経トレンディ 10月号

発売日:9月4日(金)
定 価:550円(税込み)
発 行:日経BP社

定期購読する