ソニーの「裏面照射型CMOS」は夜景と室内撮影で有利なのか

 最後に撮影機能についても比較評価を行った。現在、デジカメに対して消費者が不満を抱いている要因の一つに、「暗所での画質が悪いこと」が挙げられる。この点に対してソニーTX1は、高感度撮影のときの画像ノイズを約2分の1に抑える「裏面照射型CMOSセンサー」を新しく搭載。大きな改良を図っている。そこで、夜景や室内撮影時にきれいに撮影できるのはどちらのカメラかを比べた。

 夜景や室内を撮影したとき、両機種の画質が目に見えて異なるのは、感度をISO 800以上に設定したときだ。ソニーTX1はニコンS70に比べて、ノイズ感が大きく減っており、色鮮やかさでも勝っていた。加えて、ISO 3200以上になると、ニコンS70は300万画素までしか撮影できないため、画像の精細さでもソニーTX1が優位に立つ。「暗所撮影に強い」というソニーの言葉にも納得できる。

 ただしフルオート撮影や夜景モードを使って夜景や室内を撮影した場合には、画質や手ぶれの点で、両機種に大きな差は見られなかった。これは、フラッシュを使うと高感度での画質差が付きにくくなること、また撮影モードを使うとISO 400~500程度の撮影になることが多いことが要因として考えられる。この点では画質は互角。ソニーTX1が暗所撮影に強いのは確かだが、買いと言えるほどの差は付かなかった。

ソニーTX1、ISO 800で撮影(画像クリックで拡大)

ニコンS70、ISO 800で撮影(画像クリックで拡大)

ソニーTX1、手持ち夜景モードで撮影(画像クリックで拡大)

ニコンS70、夜景モードで撮影(画像クリックで拡大)