Windows 7の複雑怪奇なアップグレードパス

 アップグレード版を使ってWindows 7にアップグレードできるのは、Windows Vista/XPだ。それより前のWindowsは対象外となる。

 インストール方法には、既存のWindowsのデータやインストールされているソフトを引き継ぐ「アップグレードインストール」(上書きインストールとも呼ばれる)と、データやソフトを引き継がずに新たにインストールする「新規インストール」がある。

 Windows XPパソコンでは上書きインストールはできず、新規インストールしかできない。上書きインストールをしようとしても警告が表示されてしまう。

 Windows Vistaパソコンで上書きインストールが可能かどうかは、エディションや32ビット/64ビットの違いにより異なる。上書きインストールはできず、新規インストールしかできないのは以下のケースだ。

上書きインストールできないケース

・32ビット版→64ビット版、その逆の64ビット版→32ビット版へのアップグレードの場合
・個人向けエディション(Vista Home Premium、Home Basic)から企業向けエディション(7 Professional)へのアップグレードの場合
・企業向けエディション(Vista Business)から個人向けエディション(7 Home Premium)へのアップグレードの場合
・下位エディションへのアップグレードの場合(Vista Ultimateから7 Professionalなど)

 なお、Windows Vistaで上書きアップグレードできるのは、SP1(Service Pack 1)以降となる。SP1を適用していないWindows Vistaでは、まずサービスパックを適用しておく必要がある。現在は既にSP2がリリースされている。

XPからは新規インストールのみ可能。Vistaの場合は条件が複雑なので、アップグレード版を買う時は注意しよう(画像クリックで拡大)

両方可能な場合は、インストール時に選択できる(画像はRC版のもの)(画像クリックで拡大)

 これらのアップグレードパスをまとめたのが下記の表になる。注意したいのは、Windows Vista Home Premium→Windows 7 Professionalへの上書きインストールができないこと。Professionalへアップグレードしたいと考えている人は要注意だ。また、Windows Vista Ultimateから上書きインストールできるのは、Windows 7 Ultimateのみとなっている。Windows Vista Ultimate→Windows 7 Home Premium/Professionalにアップグレードする場合は新規インストールしなければならない。

Windows Vista/XPからWindows 7へのアップグレードパスをまとめた表。●は上書きインストール・新規インストールのどちらも可能、△は新規インストールのみ可能であることを示している

 以上のアップグレードパスは、パッケージ版、OEM版、DSP版、ボリュームライセンス版すべて共通だ。販売形態による違いはない。また、サポートされるのは同一言語版へのアップグレードだ。例えば、日本語版のVista→英語版の7のような言語を変えるアップグレードは、ライセンス上問題ないが、サポートの対象外となる。