(画像クリックで拡大)

 アップルが2009年9月10日、携帯音楽プレーヤー「iPod」シリーズの新機種を発表した。これまでとまったく同じサイズのボディーに、さらに大きな液晶やビデオカメラ、スピーカー、FMラジオ、歩数計などを詰め込んだのが第5世代iPod nano。外観も従来のマットな質感から、ピカピカに磨き上げたツルツルボディーに変身。全9色の鮮やかなかつ深みのあるカラーが、高級感を醸し出している。国内発表会後、ハンズオンコーナーで実機を触ることができた。その魅力をまずは写真で紹介しよう。

iPod nanoは全9色。光の加減で少しわかりにくいが、写真は左からピンク、(PRODUCT)RED、オレンジ、イエロー、グリーン、ブルー、パープル、ブラック、シルバーの全9色。このうち(PRODUCT)REDとイエローは、アップルストア(直営店およびオンラインストア)の専用色となっている(画像クリックで拡大)

シルバーのiPod nanoでビデオを撮影しているところ。写真ではディスプレイの色が悪く見えるが、実際はもっと実物に近い色合いだ。加速度センサーが縦横を自動判定するので、このように縦位置での動画撮影も可能だ(画像クリックで拡大)

これが背面のカメラ部。カメラ上部の小さな穴はマイク(画像クリックで拡大)