サイバーショットとタッチパネル画面との歴史は長い。数年前から、薄型のTシリーズには、タッチパネル画面が搭載されてきた。ソニー好きのユーザーはデザイン性や先進性を求めることから、他メーカーならば異端児扱いのTシリーズが、サイバーショットでは売れ筋となっている。同社にとっては、タッチパネル型デジカメは“お家芸”だ。

 一方で今春、同社はビデオカメラ市場でヒットを飛ばした。それが新開発の撮像素子「裏面照射型CMOSセンサー」を搭載した「ハンディカム HDR-XR500V/XR520V」だ。これまで外からの光を受ける妨げになっていた配線部分を基盤の裏に隠すことで、受光部に十分な光を当てることができるようになった。このため感度が従来の2倍に上がり、結果として暗い場所で撮影した際のノイズを2分の1に抑えられるようになった。

 この高感度撮影に優れた撮像素子を、デジカメに初搭載したのがTX1だ。「従来のデジカメでは、暗部のノイズを目立たなくする処理のために、画像の彩度が下がったり細部が消えたりしていた。だが同機種では、そうした画像劣化も少なくなった」(ソニーマーケティング)。

TX1はゴールド、シルバー、ピンク、ブルー、グレーの5色展開(画像クリックで拡大)