独断で「第3のビール」飲み比べ

 7月24日にPBの第3のビールが発売されるのを待ち、セブン&アイ・ホールディングスの「THE BREW ノドごしスッキリ」、イオンの「トップバリュ 麦の薫り」、サントリーの「金麦」、そして、ダイエーの「バーゲンブロー ノイヴェルト」を飲み比べてみた。

 「金麦」はほどよい苦みがあり、4種類の中では最もビールに近く感じた。「トップバリュ 麦の薫り」はコクがあり、「金麦」に近い味わいだ。「THE BREW ノドごしスッキリ」はその名の通りすっきり爽やかなのどごしで、バドワイザーなどのすっきりした米国のビールが好きな人に合いそう。サントリーがイオン、セブン&アイ・ホールディングス各社と開発した格安のPBビールは、けっこう対照的な味だとわかった。

  「バーゲンブロー ノイヴェルト」は喉ごしは爽やかだが、強い香りがあり、人によっては好みが分かれそうだ。試飲した4銘柄の中で一つ、おいしかった銘柄を選ぶなら、私はサントリーの「金麦」だ。

 なお、この感想はあくまでも記者個人の好みと独断によるもの。どれが美味しいと感じるか、嗜好は人それぞれ。実際のところはどうなのか、疑問に思う方は、ぜひお試しを。

金麦(サントリー)
350ml缶 139~141円(コンビニエンスストアでの実勢価格)
500ml缶 195~197円(コンビニエンスストアでの実勢価格)(画像クリックで拡大)

トップバリュ 麦の薫り(イオン)
350ml缶 100円
500ml缶 145円(画像クリックで拡大)

THE BREW ノドごしスッキリ(セブン&アイ・ホールディングス)
350ml缶 123円
350ml缶×6缶パック 600円(画像クリックで拡大)

バーゲンブロー ノイヴェルト
350ml缶 79円(平常価格89円)
500ml缶 110円(平常価格125円)(画像クリックで拡大)

(文/油科真弓)