高画質コンパクトデジカメの代名詞ともなった「GR DIGITAL」の3代目モデル「GR DIGITAL III」が登場! ユーザーの声に応え、徹底的に高画質にこだわったのがポイントだ(画像クリックで拡大)

 リコーは2009年7月27日、高画質コンパクトデジカメの新製品「GR DIGITAL III」を発表した。従来モデルで好評のデザインや薄型ボディーを継承しつつ、従来より明るい単焦点レンズや新開発の撮像素子の採用で画質向上を図った。液晶モニターの大型化・高精細化、オートフォーカス速度の向上で撮影時の快適さも追求した。

 発売は2009年8月5日で、実売価格は8万円前後の見込み。

 GR DIGITAL IIIの主な特徴は以下の通り。

■リコー「GR DIGITAL III」の主な特徴

・開放F値1.9の大口径28mmレンズを採用
 →同一シーンでもより速いシャッター速度やより低い感度で撮影できる
 →レンズ群の追加により、コマ収差を低減
・新開発の1/1.7型1000万画素CCDと第3世代の画像処理エンジン「GRエンジンIII」を採用
 →画素数アップをあえて見送る代わりに、徹底的な低ノイズ化を図る
・露出モードにシャッター速度優先AEを追加
・アルゴリズムの変更により、低輝度時のAF駆動時間を短縮
・常時AFを合わせ、シャッターを切った際のAF時間を短縮するプレAF機能を追加
・マクロモード時、レンズ群を移動させて解像度の低下を抑える機構を採用
・液晶モニターを3型/92万ドットの大型・高精細タイプに変更
・最大81枚の画像を一度に表示するマイクロサムネイル表示機能
・ユーザーがカスタマイズできるマイセッティングを3種類、Fnボタンを2つに増強
・前面の「GR DIGITAL」ロゴを彫り込みタイプに変更

■GR DIGITALシリーズ3機種の主なスペック比較
GR DIGITAL GR DIGITAL II GR DIGITAL III
発売 2005年10月 2007年11月 2009年8月
撮像素子 1/1.8型有効813万画素CCD 1/1.75型有効1001万画素CCD 1/1.7型有効1000万画素CCD
レンズ 28mm相当、F2.4 28mm相当、F2.4 28mm相当、F1.9
液晶モニター 2.5型(21万ドット) 2.7型(23万ドット) 3型(92万ドット)
画像処理エンジン GRエンジン GRエンジンII GRエンジンIII
サイズ(W×H×D) 107×58×25mm 107×58×25mm 108.6×59.8×25.5mm
重さ 170g(本体のみ) 168g(本体のみ) 188g(本体のみ)
バッテリー撮影枚数 250枚 370枚 370枚