7月22日は皆既日食(部分日食)の日!

 ほとんど毎年のように、地球上のどこかで見られると言われている皆既日食。だが日本の陸地に限ってみると、1963年7月21日に北海道東部で観察されて以来、実に46年ぶりとなる。しかも次回は26年後の2035年9月2日(北陸・北関東)というのだから、かなり珍しい天文現象だ。

 実際にはテレビや新聞・雑誌などでも報じられているとおり、鹿児島県の奄美大島やトカラ列島など、皆既日食を観察できるのはごく一部の島に限られる。それでも福岡で約9割強、大阪で約8割、東京で約7割、仙台で約6割が月の陰に隠れる部分日食になるので、老若男女ともこの機会を逃さないようにしたい。

 全国100万人のiPhoneユーザーにお薦めしたいのが、(筆者を含めた)素人にはなかなか難しい皆既日食の観察方法や観察可能な時刻などを教えてくれるiPhoneアプリだ。無料アプリや有料アプリなど、日食観察に便利なものを厳選して紹介しよう。

皆既(部分)日食観察に必携のiPhoneアプリ

 AppStoreには、複数の皆既日食関連アプリが登録されている。その中でもお薦めのものを厳選して紹介しよう。

●各都市での日食開始・終了時刻を調べられる無料アプリ「Eclipse0709」(無料)
ディレクトリー: AppStore > 教育

  都市名を入力して検索すると、その地域での日食の開始時刻や終了時刻、太陽の被覆率(月の影に覆われる比率)などを表示してくれるアプリ。どのような見え方になるのか、アニメーションで表示してくれる機能もある。ただし開始時刻はGMT(グリニッジ標準時)で表示されているようで、「東京」で検索すると日食開始が「0時55分」と表示された。日本で観察する場合は、表示された時刻に9時間プラスすることを忘れないようにしよう。

地域名をキーワード入力して検索すると、その地域の日食情報を調べられる。時刻はグリニッジ標準時になっているので、日本で観察する場合は9時間プラスしよう

観察地での見え方をアニメーションで確認できる

検索結果画面で「詳細表示」を押すと、より詳しい情報が表示される

日本国内で最も長く観察できると言われる悪石島では約6分20秒間、日食を観察できると表示された