マイクロソフトは2009年6月26日、次期Windows OS「Windows 7」の価格を発表した。個人向けの主力製品である「Windows 7 Home Premium」の通常版は2万4800円(税別)、アップグレード版は1万5800円(同)だ。同日にはパソコンメーカーから、Windows 7への「Windows優待アップグレードキャンペーン」も発表された。キャンペーンの期間や料金はメーカーやWindows Vistaのエディションによって異なる。少々複雑なアップグレードの仕組みについて整理してみよう。

 米国では10月22日(木)に発売されるWindows 7だが、日本での発売日はまだ不明だ。マイクロソフトによると、小売店、メーカーなどとの最終調整段階で、7月7日には発表できる見込みだという。

Windows Vistaより安くなったWindows 7

 店頭で購入できるWindows 7のパッケージ製品には、通常版と割安なアップグレード版がある。発表された価格を見ると、Windows 7 Home Premiumの通常版とアップグレード版がともにWindows Vista Home Premiumより4000~5000円ほど安い。Windows Vistaの最廉価エディションである「Windows Vista Home Basic」の後継エディションがWindows 7にはない。そのため、Windows 7 Home Premiumでエントリーユーザーをカバーするために価格を下げたのだ。

 ビジネス向けのWindows 7 Professionalと最上位エディションのWindows 7 Ultimateの価格差が1000円と非常に小さいのも注目だ。Windows 7 Professionalを購入するのはパソコンに詳しい上級者や中小企業ユーザーが中心になると見られるが、Windows 7 Ultimateとどちらを選ぶか悩みそうだ。なお、32ビット版と64ビット版があるが、それらのパッケージを分けるかどうかは未定だ。

エディション 特徴
Windows 7 Home Premium 最新のデジタルライフを実現する、ホームPCユーザーに最適なエディション
Windows 7 Professional 仕事と家庭のどちらでもPCを活用するユーザーに最適なエディション
Windows 7 Ultimate あらゆるニーズに応える全ての機能を搭載した最上位エディション

Windows 7の参考価格(左、税抜き)と、Windows Vista発売時の参考価格(右)(画像クリックで拡大)

 インストール方法には、ソフトや各種設定、ユーザーファイルをそのまま引き継ぐアップグレードインストールと、新規インストールとがある。アップグレードインストールでWindows 7に移行できるのはWindows Vistaだけ。Windows XPは新規インストールしかできないので注意が必要だ。

アップグレードインストールが可能なのはWindows Vistaのみ。Windows XPからは新規インストールしかできないので、ソフトや設定などは引き継がれない(画像クリックで拡大)