――文字フォントや充電などの警告はどうなっているのでしょう。

神谷:エヴァンゲリオン好きの方は、そういうところに期待されますよね(笑)。文字フォントはこの端末専用のものを搭載しています。デコメ絵文字は一部を除いてエヴァのものに。デコメピクチャは150種類すべてエヴァのものに変えてあります。

 バッテリーが少なくなった際や、電源を入れる際の表示もNERV風になっています。タイマーは、様々な演出を楽しめるものをプリインストールアプリとして収録しました。そのほか、ディスプレイを反転して充電したときに表示される卓上時計Flashにもこだわっています。通常のSH-06A向け卓上ホルダーを利用できるので、組み合わせて使っていただけると便利です。

 あとはiコンシェルのキャラクター「ひつじのしつじくん」ですね。エヴァに搭乗する時のユニフォームの“プラグスーツ”をコスプレしているのですが、エヴァ版を入れられたことは自分でも驚いてます。その代わり、標準のしつじくんはこの端末に入っていません(笑)。

エヴァらしく専用の明朝体フォント「マティスEB」を搭載。このフォントを搭載しているのはこの端末のみ(画像クリックで拡大)

iコンシェルの情報を伝えてくれる「ひつじのしつじくん」。NERVケータイではプラグスーツを着用したバージョンが収録されている(画像クリックで拡大)

――あとから追加できる、ダウンロードコンテンツの予定はあるのでしょうか?

神谷:『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』では新キャラクターの登場も予定されているので、そういったコンテンツを後から配信する予定です。これも当然、ヱヴァンゲリヲンケータイ専用コンテンツとなります。