国立感染症研究所・感染症情報センターで今回の新型インフルエンザについて説明する岡部信彦センター長

 4月28日、WHO(世界保健機関)はメキシコ、米国で起こった豚インフルエンザの警戒レベルをフェーズ4(ヒトからヒトへの感染が増加)に引き上げた。これを受け日本政府も国内への感染を食い止めるべく、水際作戦を開始した。その前日の4月27日夜、国立感染症研究所・感染症情報センターで行われたメディア向けの感染症勉強会には、100人近い報道陣が詰めかけた。岡部信彦センター長からの、今回の感染症に対する詳細な説明の後、報道陣からの質問が延々と続いた。その内容を基に、今回の新型インフルエンザ対策をQ&A形式でまとめた。

■追記
 4月30日、WHO(世界保健機関)はメキシコ、米国で起こった豚インフルエンザの警戒レベルをフェーズ5(大流行直前の兆候がある)に引き上げた。[2009/4/30 18:23]