コンビニ各社の資本関係

 最後に、コンビニ各社の資本関係を見ておこう。

コンビニ業界の資本関係 (調査・作成:プレスラボ)

 今回のローソンのam/pm買収劇は、ローソンの筆頭株主である三菱商事が関わっている。また、三菱商事は北海道が地盤のセイコーマートにも出資しており、次なる買収劇が起こるかもしれない。さらに、三菱商事はイオンの株式の5%を保有し、イオンの筆頭株主となった。イオンの傘下にはミニストップがあり、ローソンと提携を深める可能性が高い。イオンは業界3位のファミリーマートと電子マネーでの業務提携を進めており、ローソン、ファミリーマートの大手2社の提携が深まれば、業界トップのセブン-イレブンを脅かす大きな存在となるだろう。

(文/梅田 カズヒコ=プレスラボ)