戦後復興と東京五輪、ヨンサントオの白紙ダイヤ改正の実施

 戦争が終結し、新線開業や電化が進められ、1956年(昭和31年)には東海道本線が全線電化、東京と大阪の間は7時間半で結ばれるようになる。「サンロクトオ」(36年の10月という意)と呼ばれるダイヤ大改正で全国に特急・急行網が張られ、時刻表の総ページ数が年毎に増えていった時代だ。そしてやってきた東京オリンピック1964年(昭和39年)。東京・大阪間には東海道新幹線が開通し、夢の超特急0系が表紙を飾ることになる。

左画像の中央上の表紙がヨンサントオと呼ばれる大改正の号。東北本線などの主要幹線が電化された年でもある(画像クリックで拡大)

 さらに1968年(昭和43年)、「ヨンサントオ」(43年の10月という意)と呼ばれる全国的な時刻の大改正(白紙ダイヤ改正)が行われ、当時の交通公社(現JTB)時刻表10月号は「国鉄ダイヤ全国大改正号」と打って発売された。半田健人氏も印象的な時刻表について聞かれると、「ヨンサントオと呼ばれた昭和43年のダイヤ改正号でしょうね」と答えていたほどの節目となる号だ。自身が生まれていない時代の時刻表に思い入れがあるとは、さすが“時刻表親善大使”。ちなみに通巻500号を機に現在の判形となるB5判に拡大されたのは1967年(昭和42年)10月号からだ。

時刻表の楽しみ方について語る時刻表親善大使・半田健人氏。鉄道知識もズバ抜けて豊富だ(画像クリックで拡大)