本屋大賞やマンガ大賞など、“~大賞”と名の付くものが増えており、回数を重ねるたびに知名度が高まっている。その勢いに乗って、3月31日には、第一回となる「映画館大賞」が発表された。

映画館大賞のイラストは花くまゆうさく氏が手がけた(画像クリックで拡大)

 「映画館大賞」とは、全国100館以上の独立系映画館が観客に見てほしい映画ベスト10を選出し、それを集計して大賞を決めるもの。つまり独立系映画館で働くスタッフが決める映画大賞ということだ。

 対象作品は2008年度(2007年12月1日~2008年11月30日)に国内で公開されたすべての映画。独立系映画館のスタッフが選ぶとはいえ、自館で公開していない作品や大手の大作なども含まれる。

 独立系が対象なのは、「劇場側が自分たちで作品を選ぶことが多く、作品を吟味していること。さらに、映画好きが多く、見ている本数も多い上に、実際に観客に触れているので、数字や個人の好みだけでは現われない生の声を反映できるから」(映画館大賞実行委員会の杉原永純氏)。これは書店員が中心になって作品を選ぶ「本屋大賞」や「マンガ大賞」と同じ考え方といってもよい。

 選ばれた作品は、5月22日より約1週間にわたり、ユーロスペースで行われる特集上映会で公開し、各日豪華ゲストによるトークショーを予定している。