ドライバーの負担を減らして危険を予防する最新の安全技術を搭載

世界初の「前側方プリクラッシュセーフティシステム」をオプションで用意(画像クリックで拡大)

_ トヨタブランドの最高級セダンだけあって、安全性や走行性能を高める技術を惜しみなく投入している。エンジン、ブレーキ、ステアリングなどを統合制御して車両の安定性と運動性を向上する「VDIM」を標準装備(グレードにより一部機能が異なる)。例えば濡れた路面のコーナーで滑り出しそうな場合は、エンジン出力とブレーキ力を連動制御して滑り出しを防ぐ。

 安全装備では、世界初の「前側方プリクラッシュセーフティシステム」をオプションで用意。他の車両など障害物の接近を検知してドライバーに警告し、緊急時には自動的にブレーキを作動するシステムで、従来は検知範囲が正面方向だけだったが、交差点などで斜め前方から接近する障害物も検知できるようになった。

前後のバンパーに障害物を検知するミリ波レーダーを内蔵(画像クリックで拡大)

交差点などで斜め前方から接近する障害物を検知して、ドライバーへの警報やブレーキアシストを行う(画像クリックで拡大)

 同じく世界初の「プリクラッシュシートバック」は、衝突危険時に後席シートバックの角度を引き起こして、乗員を衝撃に備えた姿勢にするシステムだ。また後席2人掛け仕様車には、後席中央でふくらんで乗員同士の衝突を防ぐ「SRS後席センターエアバッグ」を装備している。

衝突の危険を検知して乗員の姿勢を正すプリクラッシュシートバック(画像クリックで拡大)

後席2人掛け仕様車のSRS後席センターエアバッグ(画像クリックで拡大)