au携帯電話の基本料金を安くしたいと考えるとき、一般的には料金プランの見直しから手をつけるだろう。もちろんそれも正しいが、一昨年末の新販売方式au買い方セレクトの「シンプルコース」を利用した機種変更で、基本料金を月額約840円ほど安くできる点を見逃していないだろうか。

 今回はシンプルコースによる機種変更で、基本料金を安くする、もしくは“実質無料”で機種変更できるお得な方法について解説する。

機種変更でシンプルコース専用料金プランに移行しよう

 まずは新販売方式「au買い方セレクト」の中から、「シンプルコース」による機種変更で、基本料金が約840円/月ほど安くなる仕組みについて見ていこう。

 auの新販売方式は、もともと総務省の施策もあって、携帯電話の端末価格と通信料金を分離する目的で、1年半前に導入されたもの。導入以前は基本料金を原資として端末の店頭価格は1万~3万円程度に抑えられており、最新端末を購入しやすい半面、基本料金は高止まりしていた。

 だが、新販売方式au買い方セレクトのシンプルコースでは、端末価格と通信料金が明確に分離された。これにより、シンプルコースで機種変更や新規加入を行うと、端末は本来の価格である3万~6万円辺りで購入しなければならないが、基本料金は既存料金プランより月額約840円ほど安いシンプルコース専用料金プランで契約できるのだ。

●既存の基本料金プラン ●シンプルコース用料金プラン
基本料金 「誰でも割」
適用
基本料金 「誰でも割」
適用
値引き額
プランSS 3,780円 1,890円 プランSS 1,961円 980円 910円
プランS 4,935円 2,467円 プランS 3,255円 1,627円 840円
プランM 6,930円 3,465円 プランM 5,250円 2,625円 840円
プランL 9,975円 4,987円 プランL 8,295円 4,147円 840円
プランLL 15,750円 7,875円 プランLL 14,070円 7,035円 840円
デイタイムS 4,200円 1,890円 デイタイムS 2,520円 1,260円 630円
デイタイムL 9,975円 4,987円 デイタイムL 8,295円 4,147円 840円
※「誰でも割」適用時の差額
シンプルコースで機種変更もしくは新規契約を行うと、従来のプランより約840円/月安い専用プランでの契約が可能となる

 本来の端末価格がはっきりしたことで、ユーザーは幅広い携帯電話ラインアップから、自分の欲しい機能または価格の端末を購入しやすくなった。また、同じ端末を長期間使い続ければ、以前よりも携帯電話への支払額を抑えられるようになったのだ。

既存料金プラン下での基本料金を5000円とし、低価格端末を購入した場合のトータル支払額を比較した。従来の販売方式では機種変更を含めた端末価格が安いものの基本料が高い。シンプルコースでは端末価格は高いが基本料が安いため、同じ携帯電話を長く使えば使うほどトータルでの支払額が安くなる

 上記グラフの32ヶ月目を見比べれば、シンプルコースの利点が分かりやすいだろう。端末価格が高い代わりに基本料金が安くなったことで、一度機種変更で購入した端末を長期間使えば使うほど、既存の料金プランより支払額が安くなっていく。逆に言えば、既存の端末と料金プランのまま契約し続ける限り、月額約840円の値下げを受ける機会を損失したまま、高い基本料金を払い続けなければならないのだ。

 この春商戦では、同じ携帯電話を22ヶ月以上利用しているユーザー向けに機種変更を割引くキャンペーンを行うなど、携帯電話の機種変更価格が大幅に下がっている。特に、総支払額2万円前後の携帯電話は、シンプルコースで機種変更した場合、月々の支払額が増えることはない。さらに24ヶ月間使い続ければ機種変更の端末代が実質無料となり、24ヶ月後以降も使い続ければ毎月の支払額が今よりも月額約840円安くなるのだ。つまり、今の携帯電話のまま機種変更せずにいるよりも、機種変更した方がお得になるという逆転現象が起きているのだ。

 というわけで、低価格かつお得な携帯電話へシンプルコースで機種変更を行い、月額約840円の値下げの恩恵を受けようというのがここからの内容だ。次のページからはシンプルコースと組み合わせてお得に機種変更できる、コストパフォーマンスの高い携帯電話について紹介する。