ソフトや機能のアイコンが表示される新しいタスクバー

 前回の記事でも述べた通り、Windows 7でまず目につくのはタスクバーだ。今回はもう少し詳細に変更点などを見ていこう。

 Vistaまでは開いているファイルごとに横長の「タスクバーボタン」が表示されていた。大量のソフトやファイルを開いた場合、煩雑にならないように複数のウインドウをまとめて1つのボタンで表示(グループ化)する仕組みだ。

 Windows 7では、タスクバーに表示されるのがソフトや機能のアイコンだけに変わっている。Vistaの「クイック起動ツールバー」の機能も持っており、よく使うプログラムを登録してランチャーとしても使える。ベータ版ではWebブラウザー「Internet Explorer 8」(IE8)やマルチメディアソフト「Windows Media Player 12」(WMP12)などのアイコンがあらかじめ登録されている。Vistaと同じタスクバーボタンに変更することも可能だ。

 Windows 7の新しいタスクバーは、ソフトやファイルを複数開いてもタスクバーがすっきりしているのがメリットだ。

タスクバーには、ソフトや機能ごとにコンパクトなアイコンが表示される。起動中のプログラムのアイコンにマウスカーソルを重ねると光る(画像クリックで拡大)

タスクバーに新しいアイコンを登録する場合は、アイコンを右クリックしてピンの形のアイコンをクリックする(画像クリックで拡大)

タスクバーをVistaのスタイルに変更することも可能だ。位置も変えられる(画像クリックで拡大)

タスクバーの高さは、Vistaまでと同じように低くすることも可能。XPやVistaと同じユーザーインターフェースにしたいという人も安心だ(画像クリックで拡大)

Windows Aeroの機能を拡張したタスクバー

 タスクバーのアイコンにマウスカーソルを重ねると、ウインドウの内容がサムネイル画像で表示される。半透明でウインドウを表示したり小さなサムネイルを表示したりする「Windows Aero」の機能だ。Vistaから搭載されている。

 Windows 7ではこの機能を改良してアイコンごとに、開いているウインドウ(Webブラウザーなら開いているタブ)のサムネイルを見られるようにした。サムネイルにカーソルを重ねると、ほかのウインドウは枠を残して透明になり、選択したウインドウが最前面に表示される。Vistaと比べて、視覚的に目当てのウインドウが探しやすくなっている。大量にウインドウを開いて作業するときに便利だろう。ソフトによっては、サムネイル内だけで操作できる。

カーソルを重ねると、アイコンにまとめられているウインドウの内容が、サムネイルで一覧できる。ウインドウを選択すると、ほかのウインドウが透明化して選択したウインドウだけが表示される(画像クリックで拡大)

ソフトによっては、サムネイル内で操作できる。WMP12では音楽の再生や停止、曲送りなどができる。ミニプレーヤー感覚で利用できる(画像クリックで拡大)

 クイック起動にあった「デスクトップの表示」ボタンは、タスクバー右端のボタンに移動した。このボタンにカーソルを重ねると、開いているウインドウの枠以外の部分がすべて透明になり、デスクトップ上のアイコンやガジェットが透けて見える。ボタンをクリックすると、「デスクトップの表示」ボタンと同じようにすべてのウインドウが最小化する。

「デスクトップの表示」ボタンは、タスクバーの一番右端に配置されている(画像クリックで拡大)

「デスクトップの表示」ボタンにカーソルを重ねると、開いているウインドウがすべて枠を残して透明になる。これもWindows Aeroの機能のひとつだ。ボタンをクリックするとすべてのウインドウが最小化する(画像クリックで拡大)