映画公開が続き今年も話題の宮崎あおい

 KENZOの上品でシックなドレスで登場した宮崎あおいは「これからもいろいろなことを吸収して表現していける、豊かな人間になっていきたいと思います」と語った。平均視聴率が24.5%と幕末を舞台とした大河ドラマとして過去最高の視聴率をたたき出した「篤姫」。同作品で篤姫の父親である島津忠剛役を演じた長塚京三が花束のプレゼンターとして駆けつけた。長塚は「お祝いに駆けつけたのは2度目。2回あることは3回あるかも(笑)。またそのときは呼んでほしい」と親バカ(?)ぶりを披露していた。

 その「篤姫」の撮影の合間を縫って撮影されたという、宮藤官九郎監督のコメディ映画『少年メリケンサック』が2月14日から公開される。篤姫とは180度違うライトで現代っ子の宮崎が見ることができるだろう。さらに6月には木村大作監督の話題作『劔岳 点の記』も控えている。今年も宮崎あおいの活躍は続きそうだ。

ステージ上で笑顔を見せる宮崎あおい。声援が飛んでいた(画像クリックで拡大)

ドレスはKENZO。足元あたりがチラリと見えるのがお洒落(画像クリックで拡大)

「篤姫」親子再会の図! 宮崎のお花のプレゼンターで長塚京三が登場(画像クリックで拡大)