女性にうれしい「ゆったりトイレ」を業界初導入

 座席前後のスペースを、一般的な観光バスよりも約1.5倍広げた「足元ゆったりシート」を採用した「キラキラ号」を運行させるロータリーエアーサービス。名古屋方面に強く、東京―名古屋便は1日12往復、24便ある。昨年7月からは東京―中部国際空港を結ぶ便を1日2往復4便で運航。中部国際空港を利用するビジネスパーソンに好評だ。

前後のスペースが広めの4列シートを採用(画像クリックで拡大)

犬と猫のマークが目印のキラキラ号(画像クリックで拡大)

 昨年12月には同社として初となる、四国方面の路線を拡充。東京―徳島・高松・松山線の運行を開始した。利用者数および売り上げは、「公表はしてないが、確実に増えている」(同社広報担当・桑原隆行氏)。

 路線の拡充に加えて、シートの快適性向上にも配慮している。これまで、運行するキラキラ号のほとんどがトイレなしの「足元ゆったりキラキラ号」だったが、昨年「ゆったりトイレ付きキラキラ号」を導入。トイレは“ゆったり”と冠せられるだけあって、バス最後部座席横1列分のスペースを利用して広い空間を確保した。素材や照明など細部にもこだわり、癒やしの空間を実現。手すりを備え付けることで安全面にも配慮した。同バスは、現在、東京―関西間、東京―姫路・岡山間、東京―福山・広島間、東京―徳島・高松・松山間の各路線にて運行。他社バスとの差別化を図った新サービスで、新たな利用者層の取り込みを狙う。

照明にもこだわった癒やしの空間を演出(画像クリックで拡大)

■ロータリーエアーサービス 新路線および人気路線

東京(新宿・東京・横浜)―四国(徳島・高松・松山)間 片道8000円(徳島・高松)~9000円(松山)/ゆったりトイレ付きキラキラ号(ゆったり4列シート、レッグ・フットレスト、ゆったりトイレ付き)
東京(新宿・東京・横浜)―名古屋間 片道4000円~4500円/足元ゆったりキラキラ号(ゆったり4列シート、フットレスト付き、トイレなし)
東京(新宿・東京・横浜)―中部国際空港間 片道5000円~5500円/足元ゆったりキラキラ号(ゆったり4列シート、フットレスト付き、トイレなし)