東京―仙台便を拡充するオリオンツアー

 2001年2月に他社に先駆けてツアーバス事業に参入したのが、エイチアイエス100%出資の連結子会社であるオリオンツアー。運行開始当初は東京―関西間の路線1便のみの運行だったが、その後、東海、東北、北陸の各主要都市に向けた路線を拡充。徐々に利用者が増えた。現在は東京発着便だけで16路線を運行。2001年の運行開始以来の延べの利用者数は8年間で300万人を突破した。

オリオンバス外観(画像クリックで拡大)

 売り上げも毎年30~50%増と好調。昨年末からは岡山・広島と東京を結ぶ路線を増便。2008年の利用者数は前年比で30%増加した。近年は特に仙台方面路線に力を入れており、今年2月26日からは東京―仙台便を拡充する予定だ。高速ツアーバス連絡協議会の会長も務める同社取締役・橋本文雄氏は、「全国に数ある路線の中でも、東京―仙台間は激戦区」と語る。この区間を重点的に拡充することが、さらなる需要の拡大につながると見ている。車両は前後9列/横3列ワイドシートの「3列シートバス」を採用。快適性の高いシートで激戦区に挑む。

■オリオンツアー 新路線および増便

東京―仙台間 片道5500円~7500円/
3列シートバス(横3列・座席9列ワイドシート、トイレなし)
東京―岡山間 片道6200円~8200円/
横スライドのびのびシートバス(横4列・座席10列シート、トイレなし)
東京―広島間 片道7200円~9200円/
横スライドのびのびシートバス(横4列・座席10列シート、トイレなし)

横3列・座席9列のワイドシート(画像クリックで拡大)

横幅が約50cmの4列シート(画像クリックで拡大)