オリエンタルランドが主催する『東京ディズニーリゾート写真展DREAMS and MAGIC』が「FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)」(六本木・東京ミッドタウン内)で開催されている。2月25日まで開催の同写真展の魅力は、写真家・篠山紀信が開園前のディズニーキャラクターたちの様子や、篠山自身がディズニーキャラクターたちと楽しそうに過ごす様子を写した約40点の作品だ。

『東京ディズニーリゾート写真展 DREAMS AND MAGIC』で展示中の作品
(C)Disney(画像クリックで拡大)

 篠山といえば、日本を代表する写真家の一人。山口百恵、宮沢りえ、ジョン・レノンとオノ・ヨーコなど、時代を代表する人物や、数々の女優のヌードを撮ってきたというイメージが強い。その篠山と「夢の世界」の住人・ディズニーキャラクターの共演は、斬新なコラボレーションといえるだろう。

 写真展の初日となった1月30日には、記念のテープカットイベントに篠山が登場。「普段の“写真家”という感じで撮らなかった。自分もミッキーたちの仲間でキャラクターの一人になっていましたから、仲間として一緒に撮影しました」と話すなど、お茶目な一面を見せた。撮影のためにのべ17日間も東京ディズニーリゾートに足を運んだというが、その間も「夢の中にいるようだった」と終始笑顔で振り返った。

『東京ディズニーリゾート写真展 DREAMS AND MAGIC』
東京ミッドタウン内「FUJIFILM SQUARE」にて1月30日~2月25日まで開催中(入場無料/主催:オリエンタルランド/協賛:富士フイルム、講談社)※3月以降、札幌・仙台・福岡・大阪・名古屋にて開催。詳しくはこちらを参照
(C)Disney(画像クリックで拡大)