逢沢りなは、昨年の2月に『炎神戦隊ゴーオンジャー』(テレビ朝日系)のヒロイン・楼山早輝役で芸能界デビューを果たした。そしてデビューから1年足らずで第87回全国高校サッカー選手権大会の応援マネージャーに抜擢された。冬の風物詩である高校サッカー選手権の顔として現在活躍中の現役高校生美少女だ。

逢沢りな(あいざわりな)
 東京都出身で1991年生まれ現在17歳の現役高校生。1月12日、国立競技場で決勝戦が行われる第87回全国高校サッカー選手権大会の第4代応援マネージャーに起用された。ドラマ『炎神戦隊ゴーオンジャー』(テレビ朝日)でゴーオンイエロー/楼山早輝役を演じる。今年1月24日には映画『炎神戦隊ゴーオンジャー VS ゲキレンジャー』(東映)が公開される。(写真/中島正之)

 第87回全国高校サッカー選手権大会の開会式で、選手たちを誘導し先頭を切って入場行進していた美少女が同大会4代目応援マネージャーを務める逢沢りなだ。

 3年前から登場した全国高校サッカー選手権大会の応援マネージャー、初代は堀北真希が務めた。その後も新垣結衣、北乃きいが選手権の顔として起用され、当時はほぼ無名だった彼女たちは今やドラマや映画に引っ張りだこの人気女優に成長した。彼女たちの活躍で高校サッカー応援マネージャーはブレイクの近道とも言われるようになり、4代目に就任した逢沢への注目度は高い。

 逢沢は昨年の2月『炎神戦隊ゴーオンジャー』(テレビ朝日系)のヒロイン役に抜擢され、芸能界デビューを果たした。デビューから1年足らずで目まぐるしく状況が変化していく中、今後は女優としての活動に力を注いでいきたいという。

 そんな彼女を4代目応援マネージャーに起用した理由を日本テレビ・スポーツ局の佐々木プロデューサーに聞くと「彼女に初めて会ったとき将来の夢を聞いたら“女優になりたいです”と即答してくれた。選手たちと同じく夢を追う人で同じレベルで選手を応援することができる。」と明かした。

 今年の高校サッカー選手権大会も残すところ明日10日の準決勝と12日の決勝戦を残すのみとなった。栄冠をつかむのはどこの高校か?逢沢の応援にも力が入る。そんな彼女にサッカー選手権のこと、自身の夢である女優業について話を聞いた。