タスクバーが自動的に隠れるようにする

 タスクバーは、初期状態では常に表示されている。これを自動的に隠れるように設定すると、デスクトップを少し広く使えるようになる。初期状態では必ず他のウインドウよりも手前にタスクバーは表示される。これを普通のウインドウと同じように、選択した時だけ手前に表示されるように変更できる。

タスクバーの空いている部分を右クリックして、表示されるメニューから「プロパティ」を選ぶ。「タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ」が表示されたら「タスクバー」タブを開き、「タスクバーを自動的に隠す」にチェックを入れて「適用」を押す(画像クリックで拡大)

タスクバーが自動的に隠れ、デスクトップが縦方向に若干広く使えるようになる。タスクバーのある位置(初期状態ではデスクトップの下端)にカーソルを合わせるとタスクバーは自動的に表示される(画像クリックで拡大)

「タスクバーをほかのウインドウの手前に表示する」のチェックを外すと、普通のウインドウと同じように、選択した時のみ手前に表示される(画像クリックで拡大)