隠れているインジケータを常に表示する

 タスクバーの右端には、様々な常駐ソフトや機能のインジケータ(アイコン)を表示する通知領域がある。初期状態の設定では、使用していないインジケータは自動的に隠され、通知領域の左にあるボタンを押すとすべて表示される。

 インジケータの状態を確認するためにいちいちボタンを押すのは面倒だし、表示したり隠したりするときにアニメーションが動作するのは目障りだ。この設定を解除しておけば、常にすべてのインジケータを表示できる。

通知領域ですべてのアイコンを表示するには、一番左にある「<」をクリックする。再び隠すには「>」をクリックする(画像クリックで拡大)

常にすべてのインジケータを表示するには、タスクバーの空いている部分を右クリックして「プロパティ」を選ぶ。「タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ」の「通知領域」タブをクリックして開き、「アクティブでないインジケータを隠す」のチェックを外す(画像クリックで拡大)