「コンピュータ」やユーザーフォルダをツールバーにする

 Windows Vistaでは、「コンピュータ」「コントロールパネル」や、ユーザーフォルダ、普通のフォルダなどを「ツールバー」にして簡易ランチャーとして使える。こうしておけば、フォルダに素早くアクセスできる。タスクバーと同様に自動的に隠れるように設定することも可能だ。デスクトップにあるアイコンを、デスクトップの上、左、右の端にドラッグするだけで簡易ランチャーができあがる。

アイコンをデスクトップの上、左、右の端にドラッグする。マウスカーソルがこれ以上動かせないところまでドラッグしよう(画像クリックで拡大)

ドラッグしたアイコンのフォルダや機能の内容がツールバーとして表示される。ツールバーの縁をデスクトップ上にドラッグすると独立したウインドウとして表示できる。閉じる場合は、空いている場所を右クリックして「ツールバー」→「(そのフォルダや機能の名前)」に付いているチェックを外す。「自動的に隠す」を選ぶと使わない時は自動的に隠れる(画像クリックで拡大)