レジストリエディタを一発で開く、「ファイル名を指定して実行」を起動する

 Windows Vistaのスタートメニューには、XPにあった「ファイル名を指定して実行」がない。スタートメニューの検索ボックスにファイル名を入力すれば、そのファイルを呼び出して実行できる。例えばレジストリエディタなら検索ボックスに「regedit」と入力すると検索結果が表示される。それをダブルクリックすればレジストリエディタを起動できる。ソフトだけでなく、たとえばURLを入力すればそのサイトを検索して開ける。

 「ファイル名を指定して実行」はなくなったわけではない。スタートメニューの「アクセサリ」の中にある。

スタートメニューの検索ボックスに「regedit」と入力すると、レジストリエディタを検索できる(画像クリックで拡大)

検索結果をダブルクリックすればそのまま起動できる(画像クリックで拡大)

従来通りの「ファイル名を指定して実行」は、スタートメニューの「アクセサリ」の中にある(画像クリックで拡大)