古い復元ポイントを削除してHDDの空き容量を増やす

 「システムの復元」は便利な機能だが、ハードディスクに300MB以上の空き容量が必要になる。ハードディスクの空き容量を少しでも増やしたい場合は古い復元ポイントを削除するといい。

スタートメニューで「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→「ディスククリーンアップ」を選ぶ(画像クリックで拡大)

復元ポイントを削除するドライブを選択して「OK」を押す。普通ならWindowsをインストールしているCドライブだ(画像クリックで拡大)

「ディスククリーンアップ」が表示されたら「詳細オプション」タブをクリックして開き、「システムの復元とシャドウコピー」にある「クリーンアップ」ボタンを押す。あとは画面の指示に従って削除する(画像クリックで拡大)