「システムの復元」を無効にする

 「システムの復元」で使う「復元ポイント」は自動で作成される。そのために起動後の動作が一時的に重くなったり、ハードディスクを消費したりする。これを避けたい場合は、「システムの復元」そのものを無効にしよう。ただし、これまでに作成された復元ポイントはすべて削除され、復元できなくなってしまうので注意しよう。

「コンピュータ」を右クリックして「プロパティ」を選ぶか、コントロールパネルを開いて「システムとメンテナンス」→「システム」の順にクリックする。「システム」ウインドウが表示されたら、左側にある「システムの保護」をクリック(画像クリックで拡大)

「システムの保護」タブで、自動復元ポイントを作っているドライブのチェックを外す(画像クリックで拡大)

確認ダイアログが表示されるので、「システムの復元を無効にする」を押す(画像クリックで拡大)