「システムの復元」でWindowsを以前の状態に戻す

 Windows Vistaには、OSの状態を「復元ポイント」に保存して、いつでもその状態に戻せる「システムの復元」機能がある。ソフトのインストールなどにより、動作が不安定になった時に利用しよう。復元ポイント作成より後にインストールしたソフトは削除されるが、作成したファイルは削除されない。

 「復元ポイント」は定期的に自動作成されるほか、ソフトのインストールなど大きな変更をした時にも自動作成される。「システムの復元」を実行した時点の復元ポイントが自動作成されるので、一度実行した復元を取り消すこともできる。

スタートメニューで「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→「システムの復元」を選ぶ(画像クリックで拡大)

復元ポイントを選びたい場合は「別の復元ポイントを選択する」をチェックして「次へ」を押す(画像クリックで拡大)

復元ポイントを選ぶ。あとは画面の指示に従って進める(画像クリックで拡大)

 システムの復元で使う「復元ポイント」は手動でも作れる。作り方は以下の通り。

「コンピュータ」を右クリックして「プロパティ」を選ぶなどの方法で、「システム」ウインドウが表示する。ウインドウ左側の「システムの保護」をクリック(画像クリックで拡大)

「システムの保護」タブで「作成」ボタンを押す(画像クリックで拡大)

名前をつけて復元ポイントを作成する(画像クリックで拡大)