子どもに有害なWebサイトにアクセスさせないようにする

 Windows Vistaの「保護者による制限」機能を使うと子ども(標準ユーザー)に、Webサイトのフィルタリング(アクセスできるWebサイトを制限すること)をかけたり、パソコンの利用時間を制限したりできる。パソコンでどんなWebサイトを見たのかなどの使用記録もチェックできる(参考記事)。

コントロールパネルを開き、「ユーザーアカウントと家族のための安全設定」をクリック(画像クリックで拡大)

「保護者による制限」を開く(画像クリックで拡大)

制限をかけたい子ども(標準ユーザー)のユーザーアカウントをクリックして開く。利用するには、自分(保護者)が「コンピュータの管理者」で、子どもは「標準ユーザー」として登録されている必要がある。あとは「保護者による制限」で「有効」にチェックを入れ、制限内容を設定する(画像クリックで拡大)