デフラグの自動実行時間を変更する

 ファイルが複数の領域に分かれて記録されていると、ハードディスクからそのファイルを読み出すのに時間がかかり、パソコンの動作が遅くなる。デフラグ機能とは、これを防ぐために1つのファイルを連続する領域に並べ直す機能のことだ。

 Windows Vistaでは、定期的にデフラグが自動実行される。自分にとって頻繁すぎたり、パソコンをよく使う時刻に実行されると、デフラグ作業によってパソコンの動作が遅くなってしまう。そういう場合はデフラグの自動実行を止めたり、邪魔にならない時間に実行するように変更しよう。デフラグは手動で実行することもできる。

「コンピュータ」を開き、ハードディスクを右クリックして「プロパティ」を選ぶ(画像クリックで拡大)

プロパティが表示されたら「ツール」タブを開き、「最適化する」を押す(画像クリックで拡大)

「ディスクデフラグツール」が表示される。自動実行を止めたい場合は、ここで「スケジュールに従って実行する(推奨)」に付いているチェックを外す。自動実行時間を変更する場合は「スケジュールの変更」を押す。手動でデフラグを実行したい場合は「今すぐ最適化」を押す(画像クリックで拡大)