Windows Vistaの起動音やシステム音を消す

 Windowsでは、何らかの動作(プログラムイベント)が起きると、それに合わせた効果音が鳴る。例えばログオンや終了する時、システムエラーが発生した時、周辺機器を取り外したとき、バッテリーが切れそうなときなどだ。こうした効果音は、鳴らないように設定したり、別の音に変更したりできる。全部のイベントで音が鳴らないように、まとめて設定することもできる。プログラムイベント音がうるさい、気に入らない、という場合は変更しよう。

 Windowsの起動音も消せる。ボリュームが大きく設定されていると、起動時に突然大きな音が鳴って驚いたり、周囲に迷惑をかけてしまったりする。そんな場合は、鳴らないように設定しよう。

タスクトレイのスピーカーアイコンを右クリックして「サウンド」を選ぶ。またはコントロールパネルの「サウンド」を開く(画像クリックで拡大)

「サウンド」ダイアログで「サウンド」タブを開く。「プログラムイベント」を選び、「サウンド」で「なし」を選ぶと、そのプログラムイベントで音が鳴らなくなる(画像クリックで拡大)

「サウンド設定」で「サウンドなし」を選ぶと、全部のプログラムイベント音をまとめてオフにできる(画像クリックで拡大)

Windowsの起動音が鳴らないようにするには、「Windowsスタートアップのサウンドを再生する」のチェックを外す(画像クリックで拡大)