Windows ReadyBoostでVistaを高速化する

 Windows Vistaには、USBメモリーなどのフラッシュメモリーを使って動作を高速化する「Windows ReadyBoost」という機能がある。HDD上に作られるキャッシュを、HDDより高速なフラッシュメモリー上にも作って、動作を高速にする機能だ。メモリーの容量が少なくて動作が重い場合に効果がある。メモリーが少なく増設も難しいパソコンで、体感速度を上げる有効な手段だ。

 必要なものは高速なフラッシュメモリー。ReadyBoost対応を明記して販売されているUSBメモリーがあるので、これを使うのが確実だ。SDメモリーカードでも高速なものなら利用できる。遅いフラッシュメモリーでは効果がない。

 フラッシュメモリーのうちReady Boostに使うメモリー容量を指定できるため、残った部分は普通のフラッシュメモリーとしてデータの保存に使える。使用中にフラッシュメモリーを抜いても、HDD上のデータにアクセスが切り替わるので、システムが不安定になることはない。複数のフラッシュメモリーを取り付けても、ReadyBoostに利用できるのはそのうち一つだけだ。

 ただし、メモリーを大量に搭載したパソコンや、高速なSSDなどを記憶装置に使っているパソコンではあまり効果はない。また、メモリーを増設する方が高速化の効果は大きい。

「Windows ReadyBoost」に対応したフラッシュメモリーを取り付ける。自動再生機能が有効になっているとこの画面が表示されるので、「システムの高速化」を選ぶ。自動再生機能を無効にしている場合は、「コンピュータ」を開いてそのフラッシュメモリーのドライブを右クリックして「プロパティ」を選ぶ(画像クリックで拡大)

フラッシュメモリーのプロパティの中に「ReadyBoost」というタブがあるので、クリックして開く。「このデバイスを使用する」にチェックを入れ、「システム速度のために予約する領域」でReadyBoostに利用する容量を指定して「適用」を押す(画像クリックで拡大)