外部記憶装置の自動再生を無効にする

 デジカメ、USBメモリー、CDやDVDメディアなどの外部記憶媒体をパソコンに接続すると「自動再生」が表示され、記録されているファイルに対してどんな操作をするか選択できる。しかし、USBメモリーを経由したウイルス感染が報告されるなど、こうした外部記憶媒体の自動実行機能には危険性がある。そこで「自動再生」そのものが起動しない(何の操作も行われない)ように設定しておこう。

「自動再生」画面は便利だが、コンピュータウイルスを自動実行してしまうなどの危険性もある(画像クリックで拡大)

「コントロールパネル」を開き、「ハードウエアとサウンド」にある「CDまたは他のメディアの自動再生」をクリックする。コントロールパネルがクラシック表示になっている場合は「自動再生」をクリックする(画像クリックで拡大)

「すべてのメディアとデバイスで自動再生を使う」のチェックを外して「保存」を押す。チェックを付けたまま、メディア別に動作を設定する(プルダウンメニューから選ぶ)こともできる(画像クリックで拡大)