画面が暗くなって確認を求めてくる「ユーザーアカウント制御」(UAC)をオフにする

 Windows Vistaには「ユーザーアカウント制御(UAC)」というセキュリティー機能がある。何か重要な設定変更やソフトをインストールする時に、実行する許可を確認する機能だ。

 これにより、ウイルスなど悪意あるソフトウエアの自動実行を防げるが、頻繁に確認を求められて煩わしい。ソフトをまとめてインストールする時など、必要に応じて一時的にオフにしよう。

「コントロールパネル」で「ユーザーアカウントと家族のための安全設定」をクリックして開く。表示されるウインドウで「ユーザーアカウント」を選ぶ(画像クリックで拡大)

「ユーザーアカウント制御の有効化または無効化」を選ぶ(画像クリックで拡大)

表示される画面で「ユーザーアカウント制御(UAC)を使ってコンピュータの保護に役立たせる」のチェックを外す。「OK」を押して再起動して設定完了だ(画像クリックで拡大)