Windows Aeroをやめて、Windows 2000風にする

 Windows Vistaのユーザーインターフェースは、「Windows クラシック」を選ぶとWindows 2000風になる。フリップ3Dや半透明効果などWindows Aeroならではの機能は使えないが、そのほかのVistaの機能は使える。

 「Windows クラシック」は、Windows Aeroのように高いグラフィックス性能を必要としないのがメリット。以前のWindowsのデザインが好きな人のほか、グラフィックス性能が低いためWindows Aeroの動作が重く、ストレスを感じる場合に試してみよう。

デスクトップを右クリックして「個人設定」→「ウィンドウの色とデザイン」を選ぶ。またはコントロールパネル」で「デスクトップのカスタマイズ」にある「色のカスタマイズ」をクリックする。そして「詳細な色のオプションを表示するには~」をクリックする(画像クリックで拡大)

「Windows クラシック」を選ぶ。元に戻す場合はここで「Windows Aero」を選ぶ(画像クリックで拡大)

Windows 2000風のユーザーインタフェースになる(画像クリックで拡大)